引越し業者に1か月以上前に見積を依頼する

見積依頼のタイミング【1か月以上前を目安に】

引越の見積りは引越予定日の3ヶ月前から受付をしています。
例:3/1が引越し日の場合は、12/1から受付

 

出来る限り3か月前に見積りを取得するのが、
安い引越しをするコツです。

 

ただし、現実的な話として予定日の3か月前に
“見積り“を取れる人は少ないです。

 

なぜなら、
・明確な引越し日時が決まっていない
・転居先が決まっていない
というケースが多いからです。

 

 

 

そのため、引越予定日の3ヶ月以内で、
出来るだけ早い時期に見積りをするようにします。
引越し業界団体の統計によると、
平均して引越予定日の32日前の見積りが多数です。

 

早めに見積もりを依頼した方が良い理由

早期の見積りはかなりの割引が期待できます。
引越各社は、トラックや人員に余裕があるため、
安価が望めます。
安いですが品質は良いです

 

 

逆に、見積りから引越予定日が近いと、
トラックや人員が埋まっている可能性が高いです。
割引などは望めない高い引越しとなります
品質は変わりません。

 

 

 

ちなみに、3か月以上前の見積りは原則行っていません。
引越の見積書が見積り実施日より3ヶ月以内有効
と定められているためです。

 

 

大切なのは日時と引越し距離です。
荷物量は、引越し業者が訪問見積もりに来た時に、
計算してもらえばよいです。

 

 

「まだ荷物が纏められていない・・・」
と悩んでいるのはもったいないです。

 

早めに見積もりを取得しましょう。

 

ただし、例外もあります。

見積り受付日の例外

 

それは、最繁忙期の3月20日〜4月5日です。
この期間の見積り受付に限っては、
引越予定日の1ヶ月半前(2月上旬)からの受付となります。

 

繁忙期の見積りを取るタイミング

3/19までに引越し予定がある場合は3か月前

3/20以降に引越し予定がある場合は2月上旬

に各引越し業者に見積を依頼します。

 

 

また、1か月以上前に依頼する理由は、
・不用品の選別・処理に時間がかかる
・荷物を減らすことで荷造りの手間が減る

 

という側面もあります。

 

 

引越しは体力・時間・お金との兼ね合いです。

 

計画性を持って進めるのが、
費用的にも労力的にも良いと言えます。

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

>>>引越し費用の相場の記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期