午後やフリー便で引越しする、業者の都合に合わせる

午後やフリー便で引越しする【業者の都合に合わせる】

午前の引越しと午後の引越では、
料金に圧倒的な差が出来ます。
午前の引越しは高いです。

 

なぜなら、引越し料金は業者の繁忙度合い
前提になっているからです。

 

 

 

午前開始(8時や9時〜)の引越しは時間が読めるため、
引越しを希望する人が多いです。
当然、人気がある=集中する=高いです。

 

引越しの定価である「トラック費用と人件費」が
そのまま請求されます

 

 

午前の引越し費用のうちわけ

@トラック費用(ドライバー費用含む)
A人件費(作業員のみ)

 

逆に午後は引越し会社の都合に合わせるため安いです。

 

午後・終日指定なし引越し費用のうちわけ

@トラック費用(ドライバー費用含む)×0.6
A人件費(作業員のみ)×0.6

 

午後便または終日の時間指定なしで引越をした場合、
割引(40%)があります

 

これは法定ですので必ず安くなります
つまり午後便の費用は「トラック価格+人件費×0.6」です。

 

午後便とフリー便の違いは?

午後便
午前の引越しが終わった第二便目の引越しです。

 

フリー便
作業開始時間を引越し会社に任せる引越しです。
午前のフリータイムは 7時〜13時
午後のフリータイムは、13〜21時までです。

 

かなり時間帯が幅広いです。
業者の都合を合わせる引越しと解釈してもよいです。

 

 

 

上記はあくまでトラックが現場に向かう時間です。
作業開始時間や完了時間ではありません

 

 

一応前日に引越し会社の営業から時間の連絡がきます。
例:”午後2時〜4時予定”というように。
仮に朝一便が遅れていたら作業員から前もって連絡が来ます。

 

 

午後便やフリー便のメリット

安い(午前と比較して4割引きです)

 

午後便やフリー便のデメリット

時間が読めない
(とくにフリー便の場合は、本当に分かりません)

 

閑散期は、午後便やフリー便で問題ないと思います。
引越し件数自体が少ないため、
あまり遅れることは有りません

 

午後便やフリー便に適している人

・時間に余裕がある方(融通が利く方)
・とにかく安い方法で引越をしたい方

 

予定よりも大幅に到着が遅れることもあります。
もともとそういうリスクも含んだ価格のため、文句は言えません。

 

それでも良いよという方は、
午後便やフリー便の使用を検討してみてください。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

 

>>>見積依頼のタイミング【1か月以上前を目安に】の記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期