安い引越し業者はどこ?

安い引越し業者はどこ?

引っ越し費用を安くしたい人は多いです。
ただし「実際にどこの引越し業者が安いのか?」
は普通の人には分かりません。

 

 

そこで便利なのが「引越し費用一括見積り」です。
複数の引越し業者の価格を比較する事が出来るため、
どこが安いのか?が分かります。

 

 

また、引越し料金は工夫次第で安く出来ます
知っていると何かと便利です。
安い引っ越し業者=「費用が安い」と仮定します。

 

安い引っ越し業者を探すコツ

・安い時期を選んで引越しする
・荷物量を減らす
・見積りを早めに行う

 

安い時期を選んで引越しする

時期は、引っ越し費用に最も影響を与える要素です。
3月20〜4月5日までを繁忙期と呼びます。
1月4日〜2月末までを閑散期と呼びます。

 

 

特に3月26−27日・4月2日−3日に限っては、
とてつもなく高くなります。
法定で最大割増250%が認められています。
この時期の引っ越しは避けた方が良いです。

 

関連記事
引越し費用の安い時期(閑散期)を選ぶ
引越しの閑散期と繁忙期

 

 

荷物量を減らす

荷物量によってトラックサイズが変わります。
また、トラックサイズによって作業員の数も変わります。

 

トラックの費用

1トントラック:20,000円
2トントラック:40,000円

 

人件費

一人当たり:12,000~18,000円

 

 

ただし、トラックの積載率は価格と関係ありません
例:2トントラック積載率50%、積載率95%でも価格は同じ。

 

つまり、トラックのサイズを変えるくらい荷物を減らさない限り、
費用は安くはなりません

 

関連記事
荷物を減らす【不用品の処分】

 

 

見積りを早めに行う

引越しの見積りは3か月前から受け付けています。
(繁忙期を除く、繁忙期は2月頭から受付)
引越し業界団体の統計によると、
大多数が、平均して引越予定日の32日前に見積りをしています

 

 

早く見積りを行うことで、大幅な割引が期待できます。
また、人員トラックともに先に確保できるため、
高い引越し品質が期待できます。

 

関連記事
見積依頼のタイミング【1か月以上前を目安に】

 

安い引越し業者のリスクを知る

個人や中小規模の引越し業者は、価格が安いことが多いです。
ただし、保証がない場合が大半です。
保証出来る=「資金力がある」という意味です。
引越し業者の規模は、そのまま保証能力に直結します。

 

 

そのため、引っ越し費用だけみれば安いかもしれませんが、
結果的に必ずしも安くならない場合があります

 

その点だけは注意した方が良いです。
個人的には、大手5社の利用が良いと考えています。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

>>>引越しが安い時期はいつ?の記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期