安い引越し業者を選ぶ4ステップ

引越しの閑散期と繁忙期

引越しには閑散期と繁忙期が存在します。

 

引越しする人が少ない時期を閑散期
逆に多い(集中する)時期を繁忙期と言います。

 

引越しの閑散期はいつ?

1/4〜2末

 

閑散期のメリット

・引越し費用が安い(通常期の50%割引が可能)
・引越し品質が高い(年始1/4〜限定ですが正社員揃い)

 

閑散期のデメリット

・寒い(引越し作業は原則、ドア、窓を全開で行います)
・雪などで家屋が濡れる可能性がある

 

雪、雨は自然の状況と判断されます。
こうした環境下で通常の作業が実施された場合、
たとえ畳や床が雪や雨で変色したとしても免責と規定されています。

 

 

また、閑散期ほどではありませんが、
引越し費用が安い時期が存在します。

 

引越し費用が安い時期はいつ?

5/2週目〜7/2週目
8/1週目〜8/2週目
9月〜12/3週目

 

GW後、夏休み前、お盆時期などは、
引越しする人が少ないため安くなる傾向にあります。

 

その他の通常期や繁忙期については、
引越し費用の安い時期(閑散期)を選ぶ」を参照してみてください。

 

閑散期と繁忙期の引越し費用を比べてみると

最繁忙期(3/20~4/5)と閑散期では、
引越し料金で最大7倍の差が出来ます

 

 

以下は簡単ですが、各時期の引越し費用の相場です。
通常期を10にしています。

最繁忙期:〜35(10+10×2.5)
繁忙期::〜30(10+10×2)
通常期:10〜
閑散期1:6〜
閑散期2:5

 

各時期の費用の算出方法については、
引越し費用の相場」を参照してみてください。

 

引越しするなら閑散期がおすすめ

一部デメリットもありますが(寒い、天候に左右される)
もしも引越しする時期を選べるのなら閑散期です。

 

 

入学、入社、転勤、結婚など人生には様々なイベントがあります。
中には自分でコントロール出来ないこともあります。

 

ただし、引越し時期を少し変えるだけで費用が劇的に変わるため、
知っておいて損はないと思います。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

>>>初めての引越しでも失敗しない業者の選び方の記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期