月末の引っ越しは避けた方が良い

月末の引っ越しは避けた方が良い

月末は、引っ越し費用が高くなる傾向にあります。
これはこのタイミングで引越しする人が多いからです。

 

引越しする人が多い=費用が高い

という方程式が成り立ちます。

 

 

引っ越し会社も当然それを知っているため、
割引率を低めに設定しています。
通常月の月初の割引率を20%とした場合、
月末の割引率は10%くらいです。

 

 

そのため、月末に引越しするのはお得ではないと言えます。
でも、なぜ月末に引越しする人が多くなるのか?

 

給与支給日と関係

多くの企業では、25〜月末にかけて給与が支給されます。
ローンを組むほど引越し料金が高額になるのは稀なため、
給料で支払いを行う人が多いです。

 

 

近頃は、クレジットカード決済出来る業者が増えていますが、
まだまだ現金で支払うのが一般的です。
こうした背景から、月末に引越しする人が多いです。

 

 

賃貸契約日と関係

賃貸(借家、アパート、マンション)契約は、
「〇月1日から」という場合が多いです。
これは、当月分の家賃を支払っているため、
月末ギリギリまで引越しをしない人が多いからです。

 

 

すでに1か月分の家賃を支払っているため、
それ以前に退去するのはもったいないですよね。
そうした理由から、月末に引越しする人が多いです。

 

 

とはいえ、どうしても月末に引越しを避けられない・・
そんな場合は、どうすればよいのか?

 

月末の引越し費用を抑える方法

午後便で引越しする

時間が読めるため、午前指定で引越しする人が多いです。
そのため、午後便にすることで割引率が高くなります。

 

詳しくは「土日祝や月末(下旬)を避ける【平日や月初を選ぶ】
を参照してみてください。

 

 

平日に引越しをする

土日休みの人が多いため、
そのタイミングで引越しする人が多いです。
そのため、平日に引越しすることで割引率が高くなります。

 

詳しくは「午後やフリー便で引越しする【業者の都合に合わせる】
を参照してみてください。

 

 

安い引越しを行う大前提は、
みんなが引越しをしないタイミングで引越しすることです。

 

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

 

>>>引越しの閑散期と繁忙期の記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期