引越し業者、NGワード

引越し業者へのNGワード

見積りの時に注意したいのが、NGワードです。
この言葉を発することで見積料金が高くなるため、
絶対に言わないようにしましょう。

 

日時に関するNGワード

安い引越しの決め手は「日時」です。
引越し料金に最も影響を与える要素のため、
ココの理解は非常に重要です。

・〇月上旬くらいです。
・日程はまだ決まってないです。
・いつでも良いです(安い日がよいです等)

 

 

曖昧な表現は相手にイイ加減という印象を与えます
またこういう人に限って業者が安い日を提案すると、
「その日は無理です」と言ったりします。

 

 

営業担当も人間ですので、こういう人の引越は
「やりたくない」と感じます
当然そういう引越しは、安いはずがありません。

 

 

当日何かトラブルが起こると疑われ、
高い価格を設定(低い割引率)される可能性が高いです。

 

ダンボールに関するNGワード

「段ボールを用意するから安くしてください」
時々そういう方がいます。

 

 

 

引越しに適したサイズ(130p前後)のダンボールを
自力で確保するのは難しいです。
大きさが不揃いであったり、耐久性がなかったりと。
それに集めるのに時間も手間もかかります。

 

 

また想定よりも2倍以上必要になる傾向があり、
個人で収集するのは、ほぼ無理です。
ちなみに、メリーズのおむつの段ボールが、
サイズ、耐久性的にも最適です。

 

 

業者はダンボール分を値引きしたように感じさせる
営業トークと見積り価格を操作します。
ただし、ダンボール分を値引きしたとしても、
引越し価格全体の割引率を下げるため、結果は同じです。

 

 

本来の引越価格「正価」を熟知していない場合、
ダンボール分の値引きがあるかどうかは分かりません。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

>>>引越約款は必ず目を通すの記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期