引越し業者の選び方

引越し業者の選び方

多くの人が引越しに求めるのは、以下ではないでしょうか。

 

・安い費用で荷物を運んでくれる

・無傷で荷物を運んでくれる
・紛失盗難なく運んでくれる

 

 

 

引越し業者は全国で約3,000社あります。
中には引越し業者とは名ばかりの会社も多数あります。

 

安い業者を選んでも破損や盗難があった場合は、
結果的には安くありません

 

 

引越しはギャンブルではありません。
「運が良ければ無事に運んでくれるかも」
という基準で選ぶものではありません。
安心安全に運ぶことが大前提となります。

 

 

業者は、一括見積サイトで選べば良いと思いますが、
チェックするポイントがあります。

 

紛失・破損時に補償はあるのか?

残念ながら、大手・中小問わず紛失・破損は発生します。
そのため”万が一の事態が発生してしまった場合の対応
を考える必要があります。

 

 

大手と中小の違いは資本力です。
資本力は、即補償能力となって表れます。
リスクに強いのが大手です。

 

信頼できる業者なのか?

日本の年間引越し件数は、約350万件です。
そのうち大手5社のみで85%以上をサポートしています。

 

何度か引越しを経験しているなら業者を比較できますが、
初めての場合は判断が難しいです。
確率論から考えると大手は信頼できると言えます。

 

サカイ・アート・アリさん・日通・ヤマト

 

 

安心して任せられる業者なのか?

業者の引越し能力を測る一つの目安として、
引越し件数(経験値)があげられます。

 

 

引越し件数が多い業者は、各社員の経験値が高く、
技術・サービス・品質も良い傾向にあります。
そういう業者は失敗する確率が低いため、
安心して任せることが出来ると言えます。

 

 

 

また、知名度は低いですが以下の確認方法もあります。
・引越安心マークの有無
・安全性優良事業所(Gマーク)の取得

 

 

「引越し安全マーク」

平成26年から全日本トラック協会がスタートした制度です。
引越しの安全性について一定の基準を満たしていることを証明します。

 

 

「安全性優良事業所」

平成15年から全日本トラック協会が運用している制度です。
企業が安全性について一定の基準満たしていることを証明します。
「引越し業者」に限定しません。
配送業者も含みます。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

>>>悪徳引越し業者を見分ける方法の記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期