事前に新居のインターネットを開通

事前に新居のインターネットを開通させる

私が引越し後に困ったことの1つが、
ネット開通に時間がかかり不便を強いられたことです。

 

都心部では「電話回線よりもインターネット回線の方が大切」
という家庭の方が多いのではないでしょうか。

 

 

マンションなどであらかじめ環境が整っているなら別ですが、
新規で開通する場合“予約する必要”があります。

 

 

光ファイバーの回線工事が出来るのは「数週間後」
というのも十分にあり得ます。
(私の場合は2週間後でした)
平日だったので、会社を休み立ち合いを行いました。

 

 

また、立地によってはサービス対象外ということも考えられます。
インターネットがない生活はとても不便なため、
以下を事前に調べることをオススメします。

 

 

引越し前にチェックしておくべき点

★どの業者が対応しているのか?

★引越し前の日程で回線手続きは可能か?

 

現在使用しているプロバイダをそのまま利用する場合は、
電話して新住所を伝えます。
対応していれば、そのまま継続してもよいです。

 

 

その際に、移転工事費用が発生する可能性があります。
継続利用の場合は無料にしてくれるケースもあります。

 

実際は各社で対応が異なりますので確認が必要です。

 

引越し当日までにしておいた方ががよいこと

 

どの業者を使うにしても、
引越し繁忙期と回線工事のシーズンはバッティングします
そのため、繁忙期(3/20~4/5)に引越しする場合は、
早めに(引越しする1か月くらい前)に連絡した方が良いです。

 

 

早めに連絡すれば希望日程に工事の予約が取れる確率が上がります。
工事の立ち合いは、引越し前日か前々日が良いと思います。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

>>>月末の引越しは避けた方が良いの記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期