引越し当日に必要なもの

引越し当日に必要なもの

現金、貴金属、有価証券、生き物、死体、危険物等は
引越し業者が預かることが出来ない荷物です。
これらは引越し当事者の通常携行持参品です。

 

 

今回紹介するのは、引越し業者が運ぶことが出来ますが、
自分で運んだ方が良いものです。

 

 

当日自分で運んだ方が良いもの
・照明器具

・カーテン
・トイレットペーパー    
・入浴セットや洗面用具等
・2日分程度の着替え
・掃除用具
・スリッパ
・スマホの充電器

 

照明器具

午後便やフリー便を使用した場合、到着は夕方か夜です。
12月にもなると5時前には周囲は真っ暗です。

 

食事の時、何か作業をする時。
照明が有ると無いでは利便性がまったく違います
転居についたら、即取り付けるようにした方がよいです。

 

 

カーテン

照明の明かりが外から丸見えになるため、
防犯上の理由からカーテンは必須です。
今使っているものとサイズが異なる可能性が有るので、
事前にサイズを調べて必要枚数を用意しましょう。

 

 

また朝日が差し込むことで眠りが妨げられます。
有ると無いでは眠りの質も異なります

 

 

トイレットペーパー

無いと本当に困ります。特に女性の場合。
近くにコンビニがあれば買いに行けますが、
必要だと感じたタイミングで無い場合はアウトです。

 

 

入浴セットや洗面用具等

入浴時に必要なシャンプー、リンス、ボディソープ。
体をふくタオルや髪を乾かすドライヤー。
歯磨き粉や歯ブラシ等の洗面用具類です。

 

引越し当日は疲れているため、
お風呂に入って清潔にしてから眠りたいものです。

 

 

2日分の着替え

引越し当日は、何がどこにあるかを把握しづらい状況です。
それに疲れているため、
荷ほどき作業は翌日以降にするケースが多いです。

 

 

事前に当日の寝具や翌日以降の着替えがあると、
心理的にも体力的にも楽です。
翌朝、慌てて服を探す必要もなくなります。

 

 

掃除用具

新居は事前にクリーニングしていますが、
通常、塵や埃が溜まっています。
また、引越しの荷物を搬入することで更に汚れます。

 

雑巾が2〜3枚あると便利です。
掃除機があれば尚可です

 

 

スリッパ

普段スリッパを履かない人は、
捨てる予定の靴下でもOKです。
目的は、足が汚れないようにすることです。

 

掃除した後は、新しい物に変えるようにします。
そのままだと、自分の靴下やスリッパによって、
床が汚れてしまいます。
本末転倒です。

 

 

スマホの充電器

当日電池が切れてしまうこともあり得るため、
充電器は持参した方が良いです。
ある意味、最も重要なライフラインです。

 

家族や友人との連絡や調べものをしたい時など。
スマホは生活必需品です。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

 

>>>事前に新居のインターネットを開通させるの記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期