引越し料金の支払い方法、クレジットカード

お得な支払方法【クレジットカード】

引越し費用の支払い方法として、
現金払い・銀行振込・クレジットカードがあります。

 

個人的におすすめなのが、
クレジットカードでの支払いです。

 

 

 

クレジットカードで支払うメリット

★現金を用意する必要がない
(最悪決済日までにあればよい)
★提携会社のポイントやマイルが貯まる。
(私はANAのVISAカードで支払いました)
★キャッシュフローがよくなる
(分割払いにすれば、月々の現金流出を抑えられます)

 

クレジットカード支払うデメリット

・引越し業者によっては提携していない場合がある。
・金利が発生する場合がある
(リボ払いにすると毎月金利が発生します。
 結果的にトータルで支払う金額が多くなります)

 

基本的に引越し大手5社は、
クレジットカード払いに対応しています。
サカイ・アート・アリさん・日通・ヤマト

 

マイル加算手続きの注意点

ポイントやマイルの加算手続きには注意があります。

 

例:日本通運を利用する場合
見積り時にANAまたはJALの会員番号を伝える必要があり、
事後登録はできません

 

 

原則として、引越し代金の前払いはありません
(引越し当日以前に払うという意味です)
引越し会社は一切の予約金や前金を受け取ってはいけない
と規定されています。

 

 

これは、成約後のキャンセルや
自由な業者選択を阻害する可能性があるためです。
商法と運送法で禁止されています。
ただし、”2日前ならば引越し代金の受領が可能
と規定されています。

 

引越し費用を支払うタイミング

 

引越作業の方針として「現金もしくは事前の振込にて
全額の領収確認を持って開始とする」となっています。
つまり、引越当日までに全額を前払いしないと、
引越作業はしないというのが原則です。

 

 

 

ただし、実際には業者によって様々です。
・引越し作業前
・引越し車両への荷物の積み込み完了時
・転居先の荷下ろしが済んだ時点

 

 

 

「利用する業者によって異なる」というのが結論です。
そのため、実際に利用する引越し業者に問い合わせるのが
唯一絶対な確認方法と言えます。

 

まずは引越し会社の選定から始めましょう

最短1分の入力でOKです!

10社の見積りを一括で取得出来る方法です。

 

>>>無料&簡単な引越し費用一括見積り

 

 

>>>引越し当日に必要なものの記事を読む

 

>>>安い引越し業者を選ぶ4ステップ!知らないと損する引越しの仕組みのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

相見積を取る 訪問見積り 不用品の処分 引越しが安い時期